Staff Blog - スタッフブログ -

こんな夜中に・・・。

category
雑記
Author
tititina


午後11時。

もう寝ようという方もいらっしゃるのではないでしょうか?


この日もエフベリー会議中のフジモトさんと私ヨシダが

」に負けた話。



ヨシダ   この前、めっちゃおいしいポテトフライのお店みつけたんですよ~


フジモト  へぇ~。


ヨシダ   あ、でも、チキンシーズニングが入ってるって言ってたから、
       フジモトさん食べられないかも・・・
     
       (※フジモトは、宗教の問題ではなく!! 肉も魚も食べられまてん。)

フジモト  う~ん、そうだねぇ。ダメかもねぇ~。

         

ヨシダ   オンラインショップとかできたら、

       富津金時とか販売できるといいですね~

       

フジモト  そうだねぇ~。 (※興味あるのかないのか分からない返答はいつものこと)

          ・

          ・

          ・

フジモト  あ~!もうっ!

        芋芋いうから、芋が食べたくなってきちゃったんじゃん!


        マックでシェアポテトってキャンペーンやってるよ。


ヨシダ   なんですか?それ。


フジモト  ポテトをシェアして食べるシェアポテトだよ。

       知らないの?
      
       俺のマックーポンで買ってきたらー? 
      


ヨシダ   えぇ~ (嫌そう。だって、夜中にポテトって!でも・・・)


しかし!!

しばし沈黙の後に・・・。



ヨシダ   ・・・買ってきましょうか?


フジモト  うん、あれば嬉しい。

 



そんなわけで、

390円のマックーポンを使って、どでかいシェアポテトを

夜中にぺろりと食べちゃったのでした。


あー、おいしかった。



ぜったいにお腹いっぱいでは寝ない!!


と、前の晩、自分に誓ったはずなのに!!

 

あー

ダイエットって無意味ー。


みなさんも、

たまには、こんな経験ありますよね?



SATOYAMA ワークショップ<田植え編>

Author
tititina

なんと!
初の田植え&ちまき作りをしてきました!

今回は、福井県の
「SATOガール・SATOボーイ育成プロジェクト」
ということで、越前市の坂口地区で田植えをします。
こちらは、にほんの里100選に選ばれているそう。

とっても晴れていい天気。
ちょっと暑いくらい。

keshiki.jpgのサムネイル画像

こんな長靴を履きます。
nagagutu.jpgのサムネイル画像

田植えを教えてくださるのは、こちらの方々。

newfashion.jpg
(教えてくださる先生のエコ前掛けに目を奪われました!
  the New Fashion!笑)

この坂口地区でコウノトリを呼び戻そうと、
減農薬農業に取り組んでいるそうです。

コウノトリの数が少ないから保護しよう!
ではなく、
空気がおいしくて水がきれいで、
自然の生き物がたくさん生息できる環境は、
人間もまた住みやすい環境である。
という考え方から、離れて行ってしまったコウノトリを
バロメーターにしているようです。

なんだか、納得☆

 


さて、いよいよ田植え。
苗を2.3本ずつ植えていきます。

田んぼの中は、とってもあったかくて、
泥パック? と思ってしまうほど、
きめ細やかな土の肌触りがとても気持ちいい!

こんなに気持ちいいところに植えられた苗たちは、
すくすく育つにちがいないっ。

となりの大学生の女の子たちは、
植えた苗を踏まないよう、じょうずに進んでいくのに、
わたしは体重が重いせいか、
進むにつれどんどん埋まっていく...T_T

田んぼは思っていたより深くて、
長靴は全部浸かってしまい、ズボンも泥だらけ!
でも、なんだか楽しかったなぁ。

fukuishinbun.jpg

福井新聞の記者さんが、素敵な一枚を撮ってくださいました!
翌日の福井新聞に載ってしまいましたー^0^

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/miraitsunagu/4280

6.html

 


ちまき、みなさん知ってますか?
chimaki.jpg
この葉っぱにはお餅が包まれています。

ここ坂口地区では、だれでも作れる家庭の味であり、
「お中元」の役割も果たします。
教えてくださった野村みゆきさん(通称:ノムノムさん)も、
お嫁入りして、お姑さんから作り方を教わったのだそう。

kinakosuru.jpg

ちまきを作るのは、実は、とても手間のかかる作業。
山で葉っぱを取ってきて、洗って乾かして、
おもちをつくって、棒にさして、
葉っぱでひとつずつ包んでいく...

この手間こそが、気持ちを贈る「お中元」。

手間をかけて、気持ちを贈るって、
なんて、なんて素敵なんでしょっ!
わたしもこの夏やってみようかな。

田植えのあと、きな粉をつけて、美味しくいただきました。

 

さてさて、このSATOYAMAワークショップは、
6.7.8月も開催されます。

田んぼだけでなく、森・海・川に出掛け、
自然とのつながりを考えるだけでなく、
美味しい、または、楽しい仕掛けも準備しているとのこと。

 

 

中面up.jpg

普段では体験できないプログラムが目白押し!
気になる方は、ぜひ参加してみてくださいな。
オススメです♪

 

○お問合せ○
福井県安全環境部 環境政策課
TEL 0776-20-0301
email kankyou@pref.lg.jp
HP 「SATOガール・SATOボーイ」で検索
Facebook 「里ゐずむ」で検索

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

森のアートフェスタ

Author
tititina

 5/11.12に開かれた「森のアートフェスタ」に行ってきました。
(アップするのが遅くなってしまいました・・・)

 

新緑の森を舞台に開催される、こちらのイベントは今年で13回目。

衣食住に関わる手作りのお店が約150店集結しています!

福井はもちろん、石川・富山・京都・奈良・大阪・滋賀・三重・静岡・埼玉・東京・・・

福井では、めったにお目にかかれないようなショップがたくさん出店し、

一日目は、あいにくの雨だったにも関わらず、

たくさんの人たちで金津創作の森はにぎわっていました♪

 
IMG_0317.jpg

 

まず、こちらは京都府宇治市にお店を構える、永野染色さん。

パリッとした麻の感触や、ポップな色使いにとても惹かれます。

テーブルマットもあり、どちらも撥水加工を施しているので、水滴や汚れには強いところも魅力。

IMG_6438.jpg 

 

 2枚 お買い上げ^^♪
コースター.bmp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は、オカリナおじさん発見

IMG_2954.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"森のアートフェスタ"の名前通り、会場はほんとうに森の中。

小鳥のチチチチ...と鳴く声や、木々の揺れる音、水の流れる音、いろいろな自然の音に囲まれています。

枝オカリナの音色も、そんな自然の音に溶け込んで、とても心地よい響きで会場を満たしていました。

愛知県の山の中に自力で家を建て、家族と共に自然に近い暮らしをしている原木工房さん。

その姿が浮かんでくるようでした。

【原木工房さんの動画はコチラ↓】
http://youtu.be/dzyJMKcJCEs

 

 

不思議なものも発見しました。
池に浮かぶブランコ。 池に浮かぶ島。
IMG_0840.jpg            IMG_6501.jpg

島は、ジブリ映画に出てきそうな雰囲気で、会場の"アート感"を高めているような気がします。

ブランコは、実用的に使うもの??

夏には、ブランコを漕いで...池にダイブ!?

この謎は、いつか解決したいと思います。

 


★さて、本題に戻って、、、

名前が気になっていた"どんぐらー松本"さんへ。

どんぐりの魅力に"とりつかれた"松本さんが作り出す世界はなんとも独創的。
IMG_8376.jpg     donguri.PNG

巨大などんぐりオブジェや、どんぐりキャラ、どんぐりと黒文字のキーホルダー、

どんぐりを煮出して染めたクッションや、

紙をどろどろに溶かして再製し、これもまたどんぐりで染色した紙の器

クッキーやおせんべいを入れたり、どんぐりを入れたりするそう) など、

すべてに愛情がこもっていました。


こちらは、福井の陶房 恋〈REN〉さん。

陶房〈REN〉の星川さんのおすすめするテーマは"宇宙"

オリジナルで配合する釉薬が窯の中で自由に動き回ってできる様子は、

まるで銀河のように神秘的で無限の広がりを感じる、まさに宇宙。

そこからきているそうです。

動画では分かりづらいのですが、他の器も青色が深く澄んでいて、見とれてしまう美しさです。

わたし初☆動画撮影を快く引き受けてくださいまして、ありがとうございました!

【恋〈REN〉さんの動画はコチラ】

http://youtu.be/KrWCa835eDE

 

そしてこちらは、石川県の磁器作家、結城彩さん

やわらかな印象の作品ながら、なにか強い意志を感じ、さっそくおしゃべりしてみました。

【結城彩さんの動画はコチラ】

http://youtu.be/Zu__sY3rJ6k

ベースの白はぜんぶ同じ白ではなく、さし色がピンクならほんのりピンクに、グリーンならほんのりグリーンに、

写真では伝わりにくいかもしれませんが、繊細なところまでこだわっています。

クラフトマーケットなどのイベントは初参加とのこと。

これから、いろんなところでお見かけするかもしれませんね!

 

こんな器が食卓にあったら、やさしい気分になれそうな気がして、母の日のプレゼントにしました♪

IMG_8997.jpg 

 

 

 

 【お食事編】

森のキッチンも大盛況でしたよー!
わたしがいただいたのは、こちらの3店。

 

IMG_1037.jpgのサムネイル画像 

八ヶ岳スモークさん。

山桜でスモークされたベーコンステーキとソーセージ。

威勢のいい掛け声についフラフラと・・・

ベーコンをほおばると、燻製されたいい香りが広がります。

 

 

IMG_3985.jpg

兵庫県のjuicy'sさん。

福井ではあまり見かけないけれど、好きな食べ物、ケバブ!

ピタパンの中にぎっしり詰まったキャベツとお肉(ちょっとカリカリしておいしい)、

それにピリ辛マヨソースが絡まってて、

もう何個でもいけちゃうんじゃないかってくらい好き。(そんなに食べれないけど)

黄色いトラックが目印ですよ~。

 

 

IMG_9670.jpg   IMG_4463.jpg

長野県から参戦のTRACSさん。

さっきからお肉の話ばっかりだけれど、ハーブソーセージ、これまた旨し!

昨年から創作の森イベントに出店するようになったそうなのですが、

盛況ぶりから今年は昨年の倍の量を仕込んで、気合十分でやってきたけれども、雨...。

二日目の日曜日は晴天だったから、たくさんの人に食べてもらえたかしら?

なんだか応援したくなっちゃうお二人でした!

 

作家さんと気軽に話しができるこのイベントは、

作品の魅力やストーリーを直接聞くことができるし、

今回は約150の独創的な世界、しかもハイレベルな作品を一挙に見れるって、

なんて素晴らしいんだろうと感じました。

 

売れて売れてしょーがないってほど、バンバン売れるわけではないんだろうけれど、

来場されたたくさんの方の感性を刺激したことでしょう。


また秋にもクラフトマーケットが開催されるそうなので、ぜひぜひ足を運んでみてくださいな♪

出展をお考えの作家のみなさまも、まだ間に合うみたいですよー☆

第16回 クラフトマーケット
開催 2013年10月12(土)13(日)
出展申込締切 6月11日(火)必着

http://sosaku.jp/collection/2013/festa/

企画展『本でかなえるHAPPY展』開催中です!(@紀伊國屋書店 福井店様)

category
F。BERRY
Author
mameshimizu

皆様、GWをいかがお過ごしでしょうか?
現在、福井西武新館5階にある紀伊國屋書店様の一角にて、

F。BERRYがセレクトした本を集めた『本でかなえるHAPPY展』を開催しています。
 

DSC_0198b.jpg

いままでF。BERRYのなかでご紹介した書籍の数々が大集合!
読むだけでほんわか幸せな気持ちになれるような本が並んでいます。
GW明けには本のラインナップも少し増える予定。

ちなみに、ポップは全て編集部スタッフで手作りしました☆
(手作り感満載ですが・・・)
 
場所はエスカレーターを降り、左に曲がってすぐのスペース。ピンク色の看板が目印です。

DSC_0201b.jpg
ご意見箱のポストも設置していますので、お気軽にメッセージ等を書いていただけると嬉しいです!
DSC_0199b.jpg紀伊國屋書店さまでは、エフベリーバックナンバーフェアも開催していただいてます。

駅前にお出かけの際は、ぜひぜひ足を運んでみてください!!

春のおたより

Author
mameshimizu

編集部あてに、素敵なハガキが届きました。

IMG_9867.jpg

差出人は、読者ハガキも何度か送ってくださっている、N.Jさんより。
かわいいイラストは、よくよく眺めると、何と手描きです!
ハガキのざらっとした質感もあわさって、思わずお店のDM? と思ってしまうほどの完成度の高さに驚きました。

 

素敵なおたより、ありがとうございました☆

 

さて、桜の見ごろは今週のようですね。
皆さまのお近くにも、春のたよりが来ているのではないでしょうか。

P1030608.jpg

(会社の近くに、満開の桜の木を発見!)

発売中の『F.BERRY春号』では、素敵なカフェ、雑貨店、セレクトショップ、バーなどのお店をご紹介しています。
お花見散歩の立ち寄り場所ガイドとしても、ぜひご活用くださいね。